アパート経営関連情報

HOME注意しておきたいアパート経営のポイント

最終更新日:2017/11/20

注意しておきたいアパート経営のポイント

白い壁のアパート

アパート経営において注意しておきたいことはいくつかあります。
そうして失敗してしまう可能性もゼロではありませんので、これには気を付けておきたいと覚えておくことで、いざという時に役立つでしょう。
例えばアパート経営で頭金をしっかり用意できているかどうかです。
アパート経営を始める際には大抵はローンを組みますが、アパート経営の頭金とはいわゆる自己資金であり、契約を交わす際にいくらか用意しておかなければならないものと新規オーナーは考えます。
当然ですが、何事も資金を用意して初めて事業が始まります。
そして頭金はアパート経営を始める際に支払い、足りない分をローンで補うのが常ですが、業者によっては頭金がなくともフルローンで始められるというところもあります。
金融機関と上手く打ち合わせることにより、フルローンでも問題なくスタートできると宣伝している業者です。
それはとても魅力的に感じるでしょうが、そのまま飛び付くのもよくありません。
アパート経営は事業計画書を用意しますが、その中身をしっかりと読まなくてはいけません。
フルローンということは、月々の返済額は頭金を用意している時よりも多くなりますので、返済するお金は家賃収入である程度補うものですが、空き室が出た場合難しくなります。
空き室が出た場合も考慮した上での返済プランを組めているかどうか、そこに注意しなければアパート経営はそう遠くないうちに崩壊することになるでしょう。
また空き室問題はアパート経営には必ず付きまとうものであるということを胸に刻んでおきましょう。
業者は空き室ゼロをよく謳いますが、これは確実という訳ではなく、アパートの住人はいずれどこかへ引っ越すのでその際に必ず空き室期間は発生します。
すぐにでも新しい住人を迎え入れられれば問題はないでしょうが、それが長く続くと問題になるでしょう。
それを解決するのはアパートの立地や家賃などになります。
立地に関してはそこと決めてしまえばもう変更することはできません。
人が集まりやすい立地のアパートを選んだのであれば、程なくして新しい住人がやってくるかもしれません。
しかしそうでない場合は、住人候補は何を見てアパートを決めるでしょうか。
多くの人はアパートの外見、内装、周囲の状況もそうでしょうが、家賃も重視するでしょう。
儲けばかりを考えて相場よりも高めの家賃設定をしていてはなかなか新しい人は来てくれませんので、そのアパートにとって妥当な家賃を設定することにより、ここにしてみようかな?と思わせられるでしょう。
代表的なアパート経営における注意点は以上になりますので、アパート経営を考えている方はこれらに特に気を付けておきましょう。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP