アパート経営関連情報

HOMEアパート経営の始め方

最終更新日:2017/11/20

アパート経営の始め方

背の高いアパート

アパート経営で懸念すべきことは始めた当初です。
アパート経営は何もアパートを購入したからといって始められるというわけではなく、アパートを購入しました、さあ住人さんいらっしゃいと触れこんだところで、個人の宣伝だけで人が来てくれるわけではありません。
人が住むにはやはり不動産会社を通してくるのが現代における基本といえます。
また初期費用を色々投入したけれど人が来ないからリターンが全くない、という流れも良くありません。
それではアパート経営は始まったその時から将来が見えず、後に残るのは多額のローンという状況になってしまいます。
そういったことにならないように、きちんとしたアパート経営の始め方を知っておきましょう。
まずは土地、物件を調べるところから始めましょう。
自分が住む家を探す時もそうですが、不動産屋を巡って資料を確認したり、現地に赴いて物件や周囲の状況を見たりするなどするでしょう。
それはアパート経営でも同じことで、実際に情報を得ることで将来的に安定してアパート経営が出来るのかを把握しましょう。
物件を決めたら事業計画書を作ることになり、物件の特徴や生み出される収益がどれくらいのものかを試算します。
ここではしっかりとした計算を行うわけではなく、あくまでもシミュレーションです。
家賃はこれくらいとして、満室になるとこれくらい、年にはこれくらいの収益が見込めるかもしれませんといった試算になります。
それを踏まえた上でローンを組んだ際の月々の返済額や、維持費などを計算すると、どれくらいの利益を月々得られるのかもシミュレーションすることにより、ここでアパート経営をするとどうなるのかが見えてくるのです。
特にアパート経営を始めるときは初期費用は大きく掛かりますが、それは誰でも同じことです。
これにより早く利益を得たい、費用を取り返したいと焦るばかりで相場よりも高い家賃設定をしてしまう人がいます。
しかしそれは良くなく、アパート経営は長い目で見る副収入であると肝に銘じる必要があります。
家賃が高いと人は中々来ず、空き室が生まれ、それは最終的に収入を減らすことに繋がりますので、落ち着いて収入を得られ続けるような事前の計画をしっかりと立てることで、慌てることなく収入を得続けることができます。
それがやがて早いローン返済に繋がり、緩やかに収入を伸ばしていくことになり、アパート経営を始めるならばそういった余裕を持った精神も大切です。
また、アパート経営を全てトータルサポートしてくれる不動産会社もありますのでそういったところに全てお任せするという選択肢もあります。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP