アパート経営関連情報

HOMEアパート経営はどんな人ができるの?

最終更新日:2017/11/20

アパート経営はどんな人ができるの?

大きなアパート

アパート経営をしている人の一例としてサラリーマンがよく取りだたされますが、実際にどんな人がアパート経営をしているんだろうと気になっているのではないでしょうか。
資金面から資産に余裕がある高齢者がしているイメージや、物語でもアパートの大家さんというとお年寄りが登場することが多いですので、高齢者が多いのではないかと想像してしまいます。
ですがそういうわけではなく、実際に調査したデータでは、30代~50代が多く、20代の大家さんも少なからずいるようです。
ではそんな彼らは普段は何をしているのかというと、やはりサラリーマンです。
続いて自営業を行っていたり、公務員やパートをしていたりする人がいらっしゃるようです。
性別としては男性が大多数ですが、女性オーナーも少なからずいます。
つまり始めてみようと思えば本業の職種を問わずに誰でも始められますし、その時期はそんなに問われるものではありません。
しかし定年退職をして、次はアパート経営を始めてみようと考える人がいますが、それは少々タイミング的には遅いかもしれません。
アパート経営は少なからずローンを組みます。
定年退職をしているということはその後は年金で収入を得、それに家賃収入も加わりますが、ローンを完済するのは結構後になるでしょう。
それまで落ち着いてアパート経営をしていけるかというと首をかしげます。
やはり働いて給料をもらっていたほうが、まだ早めのローン完済に繋がりますし、定年退職後は本当に落ち着いて日々を過ごしているだけで、家賃収入を得続けられます。
この点からアパート経営を始めるのならば本業をしている時期の方が良いということになります。
ではどうして本業を持っている人が副業としてアパート経営を始めるのかといえば、やはり将来に備えてという答えがとても多いです。
今の若い人は年金がしっかり支払われるか不安に思っていますし、そもそも本業の収入もまた少ないから別の収入減がほしいと考える人もいます。
本業と合わせて副業は動き続けますから、自分にもしものことがあって倒れてしまった時も収入源になり安心です。
そこで注目を浴びるのがアパート経営なのです。
管理を委託することで自分は本業に専念できますので、そこまで手間が掛からないのがメリットになります。
事前の準備はしっかりとする必要がありますが、それを超えれば何とかなります。
そのため若い人を中心にアパート経営を始めてみようと考える人が増えています。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP